岡山空港作成Vol.10 誘導路灯火

こんばんは

シルバーウィーク、あっという間に終わってしまいましたね。
私は今回、私の地元である栃木県の代表的観光地である日光に行ってきました。
朝早く実家を出たのでそんなに混雑することもなく、天気も晴れて行楽日和でした。

さて、 scherzo002さんやJUNさんは順調にシーナリーを作成され、函館空港は一通り完成を見たようで、わたしもダウンロードしてみました。素晴らしいクオリティにしばらくターミナル周辺をぐるぐる飛んでしまいました(笑)

一方私はというと。。。シルバーウィーク前半に実験があり、後半帰省という形であったため、シーナリー作成があまりできませんでした。前にターミナルができたらと書いたのですが、ちょっと変更して今回は誘導路灯火について書こうと思います

今回、初めてシーナリーを作成する中で、誘導路灯をどうするか、ずっと考えていました。
ADEにデフォルトで入っている物を用いるか、はたまた全て自分で作成するか。。。

岡山空港は良くも悪くも標準的な空港で、滑走路や誘導路のラインの色は、ADEなどで書き出せるデフォルトの色に近いのです。
ですので、当初は建物のみ作ってラインや灯火類後はADEで編集してしまおうと考えていました。

しかし、やっぱり誘導路灯だけでもと思い、難しかったらやめておこうと言う形で、試験的に作成することにしました。

灯火は10~20cmサイズでモデリングが面倒であるため、作成にあたってまず10倍の大きさのモデルを作成→10分の1に縮小→エクスポート→テクスチャ設定→コンパイルという形をとりました。

まずモデリング
20150925A.jpg

ちなみにこれ、岡山空港のライトとは少し形状が異なります。まぁ練習と難易度の確認ということで、寸法が分かっている灯火を作成しました。

十字に組まれたシートが光のエフェクト(ハロー)になります。形状が円と長方形の2種類あるのは、フレームレートへの影響を見るためです。テクノブレインの羽田1も誘導路灯火がフレームレートに大きく影響していたということが報告されていますので、この辺はしっかり確認しようと思います。

これをコンパイルして置いてやるとこうなります。
20150925B.jpg

手前のでっかいきのこが10倍サイズのモデル、後方に並んでいるかわいいきのこがおおよそ実物大のモデルになります(笑)

実はこの状態に持ってくるまでに、第1の関門がありました。
ハローのテクスチャを載せたパネルが真っ黒になるという問題です。
これには非常に苦戦しましたが、後述するテクスチャ設定をうまく調節することでなんとか解消でき、次のステップに進めました。
正直この出来事が誘導路灯作成を決めたといっても良いかもしれません。

これを夜にするとこうなります。
20150925C.jpg

上手く光らせることができました。

しかし、またしても問題が。。。。
昼間で霧の条件下では、せっかく隠した部分(ハローのパネル)が見えてしまうというバグがありました。下の写真左側のものを見ればわかると思います。
20150925E.jpg

これはおそらくscherzo002さんやJUNにも起こりうる、起こりえた問題だと思います。
しかし、写真右を見てもらうと分かる通り、解決方法はありました。

私はコンパイル時にModel Converter X (MCX)を使用してます。
MCXでモデルをインポートし、テクスチャサイズの最適化をした後でMaterial Editorを開き、次の様に設定しました。

Alpha test function = Great
Alpha test level = 120
Z-Test Alpha = True

Double Sided = True
No base material specular = Ture
No shadow = True
No Z-write = True (FalseでもOK)

Final Alpha Multiply = 0.5
Set final alpha value at render time = True

Destination Blend = One
Sourve Blend = One

他は特にいじらず、この設定にしたところ、写真右のモデルが出来上がりました。

夜にはちゃんと発光します。
20150925F.jpg

ただ、皆さん気づいたかと思いますが、この設定のデメリットとして結構明るくなってしまいます。ですので、テクスチャの明度調整が必要になります。

あれ、そういえば霧の時って空港灯火って点灯するんじゃなかったっけ?消えてちゃだめじゃん!!(笑)
どうやれば霧の時に点灯させられるんだ?
スポンサーサイト

コメント

JUN #-

おはようございます。

これは私にとって大きな難問の一つだったので非常に参考になります。

今の所、この誘導灯のライトをどうするか実は迷っています。

設置してフレームレートに影響しないか、その辺りを一度確認してから決めようと思います。

これを応用すれば色々なライト類の問題が解決しそうですね!

霧の時に点灯させるのって、季節でテクスチャを変更させれるように天候の項目もなかったですかね?

2015年09月25日(金) 08時59分 | URL | 編集

scherzo002 #-

貴重な情報ありがとうございます。
このあたりのテクスチャの設定難しいですよね。
いまだにこれらの設定が何を意味しているのか分からない項目が多いです。
ちなみに私はP3Dv2に読み込んだ時に昼間影ができてしまうのを避けるために、あえてZ-test alphaはOFFにしています。
誘導路灯ではこれで問題ないように思いますが、使う場所によっては不具合が出るかもしれません。
あと、No Z WriteをTrueにするとそのテクスチャの背後にあるものが透明になることがあります。
これも誘導路灯の場合背後は地面しかないためあまり問題にはならないかもしれません。
ご参考まで。

2015年09月25日(金) 19時57分 | URL | 編集

Borazine #-

JUNさん

JUNさんの参考になれば幸いです

フレームレートは気になりますよね...
ですので,テクスチャを作るのは誘導路のみにして,滑走路はデフォルトのものを使おうかなと考えています.

とりあえず青のエッジライト,緑のセンターライト,赤のホールドアンドショートラインを,狭い範囲に実際に設置する予定の1.5倍の数設置し,フレームレートへの影響を見ようと思ってます.

そんな項目があるんですか!知りませんでした・・・
テクスチャの設定部分では季節や天候に対するテクスチャの割り当てが見あたらなかったので,どこにあるんだろうと思っていたのですが....

2015年09月25日(金) 20時22分 | URL | 編集

Borazine #-

scherzo002さん

こんばんは

そうなのですか、情報ありがとうございます。
私はまだP3Dを買うだけの資金がないのでその辺は知りませんでした。
FSXでは問題ないので、場合によっては、この辺はFSX用とP3D用に分けて作ってみようかなと思います。

No Z-writeは光が鏃のようになるのが多少緩和されるためTrueにしていましたが、検討してみようと思います。

最後の2つだけは確か透過性を色依存にするコマンドと、黒色を透過にするコマンドだったと思いますよ。

2015年09月25日(金) 21時56分 | URL | 編集


GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。